遠隔技術指導支援システム

新型コロナウイルスの感染防止の観点から「先進地の視察会」や「営農指導研修」などが中止になっています。
そんな中、リモート配信という新たな手法に注目が集まっていますが、これには設定に煩しさを感じてしまうのが現実です。
そこで、スイッチオンで設定不要の「簡単クラウドカメラ」を紹介します。
このカメラがあれば、全国どことでもリモート配信が可能になります。
「先進地の視察会」や「営農指導研修」などを構築できる、遠隔技術指導支援システムをご紹介いたします。

簡単クラウドカメラを使う

新型コロナウイルスの感染防止から「先進地の視察会」や「営農指導研修」などが中止となり、代わりにリモート配信という新たな手法で、先進地の視察会が実施できる「簡単クラウドカメラ」を使い、訪問地でこのカメラの電源を入れるだけで、簡単にリモート配信ができます。配信された映像は、あらかじめ設定した、パソコンやスマホの他、大画面のモニターでリアルタイムに視聴できます。
また、現地の代表の方と参加者との間で、相互通話もできることから、撮影内容に対する要望や訪問先への質問が遠隔で行えます。
そして、全ての映像がクラウドサーバーに自動で録画されるため、サーバーの契約期間中であれば何度でも再生可能です。

煩わしい設定が不要な「簡単クラウドカメラ」を使用し、リモート配信で「先進地の視察会」や「営農指導研修」を構築できる、遠隔技術指導支援システムをご紹介いたします。

▶▶お問合せはメールで承ります。

powered by crayon(クレヨン)